トップ > 採用情報 > 企画・プロデュース

企画・プロデュース
CWFでの仕事、社員の声

新企画の立ち上げ、資金調達、スタッフ編成、スケジュール管理。作品の宣伝、配給、営業など、作品の企画から展開のすべてに携わります。

プロデューサー
Producer

プロデューサーの使命は作家に寄り添い、作家の思い描く作品を結実させていくために、製作の当初から作品に関わります。企画を練り、制作費やスタッフを集め、制作スケジュールの管理を行います。また、作品展開の施策を練るなど、作品を世に広めていく業務も担当します。

プロデューサー Sさん(入社11年目)

アニメーションの企画立案、予算の調達と管理、スタッフ編成、販売促進などをしています。苦労する面もありますが、作品が完成した時の達成感と喜びは大きいです。作品を見てくれたお客様から、イベントなどで直接リアクションをいただけた時は嬉しいですね。CWFは制作に留まらず、配給やビデオグラムの販売も行っており、そこに魅力を感じて業界内で転職しました。能動的に動けば、仕事の幅がどんどん広がる職場だと思います。

プロデューサー、広報・監修 Hさん(入社7年目)

現在は作品のプロデュースや、自社作品の広報・監修業務を行っています。プロデューサーとしては、なにが最適なのかを自身で判断・決定し、多くの方と協力して未達成の課題を乗り越えていくのが楽しいですね。その結果として、完成した作品を皆さんに観て貰えた時が一番うれしい。CWFは社内で働く人同士の、そして作品を観てくれている人との距離が近く、そこが強みだと思います。 今後は、作家の個性と市場の期待がマッチした作品をプロデュースしたいですね。