トップ > 採用情報 > デザイン・監修・販促

デザイン・監修・販促
CWFでの仕事、社員の声

作品のポスター、パッケージやグッズのデザイン制作、Web、展覧会をはじめとするイベントの構成・展示物の決定、各作品のプロモーション展開、ライセンシーからの商品監修、作品や監督への取材対応など、CWF作品が世に出る上で欠かせない業務を担当します。

デザイナー
Designer

各作品や、CWFブランドとしての見え方を担う重要な職種です。映像作品のポスターやロゴ、チラシなどの販促物や、パッケージ、グッズのほか、Webやイベント時のブース・展覧会などの制作から監修まで、そのデザイン業務は多岐に渡ります。作品に寄り添い特徴を伝える適正なデザインにするため、各作品の内容を深く理解する必要があります。また、映像内に出てくる貼り込み素材の制作など、アニメーション制作の実作業に関わる場合もあります。

デザイナー Iさん(入社6年目)

映像制作自体に参加することも含め、自社作品のデザイン全般に関わっています。最近ではライセンシーから商品化される際の監修やクオリティチェックも増えました。お客様に手掛けたグッズを買っていただけた時は嬉しいですね。お金を払っていただくというのは、とてもすごいことですので。最近の楽しみは、後輩の成長を見守ることでしょうか(笑)
以前はフリーランスとして実際に作品を作る側にいたため、"映像を完成させる"をゴールとしていましたが、入社後はその先"どう世の中へ届けるか"という事を考えるようになりました。企画から参加することもありますので、自然と作品を深く知ることができ、仕事はしやすいですね。

デザイナー Iさん(入社1年目)

CWFに入社してまだ1年目ですが、アニメーション制作に関して一気通貫で取り組む会社なので、多彩な仕事を経験することができ、それが自分の成長につながっているような気がします。また、部署の隔てなく大小様々な交流会があり、色々な部署の人と交流できるのもとても刺激になります。
制作に取り組む上で、内容をより良くするために何度も修正を重ねていくなど、根気のいる場面もありますが、それを経て良いものが出来上がった時は、苦労が報われる瞬間でもあります。今後は、作品を理解した上で、自信を持って提案できるデザインを制作できるよう努力していきたいです。

広報
PR Officer

作品が完成し、公開・発売するにあたり、より多くの人に届けるため、広報業務や取材対応、インタビュー原稿の校正などを行います。そのほか、販促物や出版物、展覧会やイベントにおける監修なども担当します。