トップ > 採用情報 > アニメーション制作

アニメーション制作
CWFでの仕事、社員の声

アニメーションを実際に制作する部署であり、様々な職種があります。キャラクターを描く「原画・動画」、背景を彩る「美術背景」の他、「3DCG」や「撮影」など、多くのクリエイターが日々協力し合いながら、作品を制作しています。

原画
Key Animator

アニメ制作のはじめの一歩となるレイアウトを、絵コンテやキャラクター設定を元に構成したり、キャラクターに芝居をさせるため、動きのポイントとなる絵を描きます。キャラクターが魅力的な芝居になるよう情熱はもちろんですが、芯の強さとあくなき向上心が必要になります。

動画&動画検査
In-betweener & In-between Checker

動画は、原画を元に、その間の動きを補完する絵(中割り)を描きます。設定や原画の魅力を損なう事なく、一枚一枚のクオリティにばらつきが無いよう絵を均一な線で揃える技術が必要です。またCWFでは、鉛筆と紙で描くアナログ作画の他、液タブでのデジタル作画にも挑戦しています。

動画検査は、描き終えた動画をチェックし、動きが監督・演出の意図通りになっているかを確かめる大事な仕事です。

動画 Nさん(入社2年目)

自分の描いた動画が綺麗に動いているところを見るのは、すごく楽しいですね。ミスしそうな部分でいい動きが描けた時は、自分の成長を感じられて嬉しかったです。映画を見た友達から、「エンドロールに名前あったね」 と連絡があったときは感激しましたね! CWFは働く環境や制度が整っていて、新人の自分にとって安心できる待遇でしたし、他社のお仕事をする機会があって勉強になります。落ち着いた環境で今後もいい絵を描いていきたいですし、自分でもMVや短編作りに興味があるので取り組んでみたいです。

美術背景
Background Artist

新海誠監督作品をはじめ、心に残る美しい背景が作中に多く登場するのがCWF作品の特徴です。CWFでは、綿密なロケハンを行い、Photoshopを用いたデジタル作業で美術背景を生み出しています。

美術背景 Tさん(入社5年目)

自分の好きなものをじっくり描写している時が楽しいです。入社当時は苦手だなぁと思っていたものを楽しく描けていることに気づき、自分が成長できていると実感します。すごく嬉しかったことは、幼少期からずっと観てきていた作品を制作されていた方と一緒にお仕事をする機会があり、クレジットされた時でした。とても感動しました。今後も絵を描き続け、いつか自分の背景の上を好きなキャラクターが歩いてくれたら幸せですね。

3DCG
3D CG Designer

3DCGは、乗り物や群衆、エフェクトなど、作画では膨大な手間や時間のかかる部分を補佐することにより、アニメーション表現の幅を大きく広げています。CWFでは3ds Maxを用いて、背景やキャラクターアニメーションと合わせ、2Dの世界に馴染む3DCGの新しい見せ方や使い方を、追及しています。

3DCG Uさん(入社4年目)

CGレイアウトで作画を助けたり、美術背景を3Dと合わせて動かしたりと、2Dアニメの補佐的な役割を主な仕事としています。なので他部署との連携が多いですね。所属部署だけでなく、他部署の人とも気軽にコミュニケーションが取れる環境があるので、のびのびと仕事に打ち込めます。頻繁に開かれる飲み会も、コミュニケーションに役立っているのかも。3DCGが映像の中で自分の計算通りにバシッと決まったときは快感ですね。そして、初号(完成試写会)の上映が終わり、館内のライトがついた瞬間は、もう「感動」の一言。作品制作に関わった人だけが味わえる特権です! もちろん作品完成後の飲み会も(笑)! 

撮影
Composer

キャラクターのセル、美術背景、3DCGといった、全ての素材を組み合わせ、カメラワークやエフェクトなどの処理を足し映像を仕上げる役割を担います。素材の魅力を最大限に引き出し、監督の目指す映像の仕上がりになるよう、ベストな表現を探っています。