雲のむこう、約束の場所イメージ
トップ 最新情報 イントロダクション 物語 スタッフ キャスト 上映館 予告編

イントロダクション

いつかの放課後の約束。あの場所まで、私はいくんだ。
雲のむこう、約束の場所イメージ
雲のむこう、約束の場所イメージ
雲のむこう、約束の場所イメージ
国境の彼方にそびえる塔と、彼女への憧れ。二つの思いを胸に少年は飛行機を作り始めた。
そして…世界と彼女との間で引き裂かれる、青き日々の想い。ひとつの決意を胸に、彼は飛行機を空に疾させる―――

2002年に『ほしのこえ』で映像界に鮮烈なデビューを飾った新海誠。たったひとりで作ったこの作品で、彼は短編映画館トリウッドの動員最多記録を塗り替え、幾多の賞を受賞。DVDは国内で6万枚以上のセールスをあげ、現在世界16ヶ国でリリースされるなど、世界全体が注目する才能だ。
『雲のむこう、約束の場所』でも、原作・脚本・監督・撮影・美術を新海自身が手がけ、その作家性をあますところなく発揮している。監督を支えるスタッフには、音楽に『ほしのこえ』でもタッグを組んだ天門、作画監督に「NHKみんなのうた『笑顔』」でも息のあったところを見せた田澤潮。そして美術に、実写映画の美術・絵画制作等を担当して来た丹治匠が加わり、新海の映像美に更なる深みを与えている。ひとりで作った前作に続き、今回もスタジオ製作とはまた違うアニメーションの形に挑戦している。

彼の初長編映像作品となる本作で、きっとあなたはこれまで見たこともない「アニメ」の目撃者となるだろう。
かつてあなたが感じていた、青春の夢、喪失そして再生―――
新海誠しか描けない青春の光が、ここにある。

トップ最新情報イントロダクション物語スタッフキャスト上映館予告編
© Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films